2004年02月28日

2年半前の訃報

 昨日の日記を書くために大島由加里さんをネットで検索していて、思わぬ記事を目にした。「宇宙刑事シャイダー」の主人公・沢村大を演じた円谷浩さんが、2001年7月に肝不全で亡くなっていたのだ。
 宇宙最大の犯罪組織・フーマが全宇宙で猛威をふるっていたため、まだ訓練半ばの未熟な宇宙刑事が地球に赴任する....いわば「学徒出陣」。設定自体は悲壮感に満ちているけど、実際はカラフルでポップで不思議で楽しい番組だった。円谷浩さんは「訓練半ば」の設定にぴったりな、ひ弱そうな好青年だった。
 今日、妻と「ウルトラマンティガ」のビデオを見ていたら、謎の怪獣仲買人が1965年にタイムスリップして、「ゴジラ」の生みの親である円谷英二さんから、生きている怪獣を買おうとする、不思議なエピソードがあった。脚本を書いていたのは、ウルトラマンシリーズや、宇宙刑事シリーズを手がけた上原正三さん。驚いたことに、このエピソードに円谷一監督役で、円谷浩さんが出演していた。ちょっとしたシンクロニシティだ。
 円谷浩さんは英二さんの孫だと聞いている。一さんはお父様かもしれない。
 ちなみに、ウルトラマンやウルトラセブンの生みの親の一人である、脚本家の金城哲夫さん役で、沖田浩之さんが出演していた。円谷浩さんも沖田浩之さんも僕と同い年のはずだ。2人とも既に亡くなっている。ちょっと切ない気分になった。
 既に2年半を経た今更ながらですが、円谷浩さんのご冥福をお祈りします。
posted by Honeywar at 21:41| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54602

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。