2012年01月07日

A pretty morning after a pretty snowfall 雪が降った美しい朝に

2012-01-28_長野の雪01.jpg

In a pretty morning after a pretty snowfall
I wrote you a few words to receive my call
     雪が降った美しい朝に
     僕はあなたに訪問を告げる短い手紙を書いた 

To spend that night together, the night must be cold
Without writing about the snowfall at all
     寒いに違いない今夜を一緒に過ごそうと
     雪には一言も触れなかった




Your answer was short and a little cold one
'You don't ask me a word about snow
     あなたの返事は短く そっけなかった
      「雪のことを一言も聞いてくれませんでしたね

How do I accept such a wicked man's plan
Disappointed in the boring heart of your own'
       そんな人に耳を貸すべきでしょうか
       退屈な人。がっかりです。」


That was just like you, my dear smart lady
I couldn't help smiling at your smartness I adored
     賢き人よ 本当にあなたらしい
     僕が愛したあなたの知性に 僕は笑わずにいられなかった

Although this is such a tiny memory
I cannnot forget it for you are no more
     こんな小さな思い出に過ぎないけれど
     忘れられない あなたはもうこの世にいないのだから


(January 6 - 7, 2012)


- Inspired by 'Tsurezuregusa (Essays in Idleness)', Section 31, written by Yoshida Kenko,
which gives us no information about the name, sex and the age of the counter person,
and how many years had passed since the incident occurred. -

 吉田兼好『徒然草』第三十一段に着想を得たもの。
 原文には、相手の名前・性別・年齢、それにこれが何年前のできごとだったか、全く書かれていません。

”雪のおもしろう降りたりし朝、人のがり言ふべき事ありて、文をやるとて、雪のこと何とも言はざりし返事に、「この雪いかゞ見ると一筆のたまはせぬほどの、ひがひがしからん人の仰せらるゝ事、聞き入るべきかは。返す返す口をしき御心なり」と言ひたりしこそ、をかしかりしか。

 今は亡き人なれば、かばかりのことも忘れがたし。”
posted by Honeywar at 03:49| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | Poetry | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック