2004年05月02日

M.KAMINOさんの「飛鳥山の夜はふけて」

M.KAMINO_夜はふけて
 先日届いていたM.KAMINOさんのCD、「飛鳥山の夜はふけて」。やっと落ち着いて聴くことができた。

 歌とインストルメンタルの15曲、サービス満点、ギュー詰めの構成。聴いていたら、特にインストルメンタルの曲に妻がいちいち反応して、1曲につき必ず1度「ナニこれ?」とつぶやいていた。まぁ、恐らくそういわれることを狙ってつくられた曲なんじゃないかな(笑)

 東京都の桜の名所・飛鳥山 [あすかやま] 。僕は行ったことはないのだが、M.KAMINOさんご本人のライナーノーツによると「何をしているのかよく分からない人」がうろうろしている場所だそうで、そういう人々をモチーフにした曲々なのだそうだ。確かに怪しい雰囲気(笑)。ご本人の信条として、「音楽においてはユーモアは重要」と考えていらっしゃるそうだが、Honeywarとしては、なぜか「エスプリ」という言葉を使いたくなる(謎)。

 インストルメンタルで印象的なのは、まず「考える人(飛鳥山のベンチに座り)」。ホンキートンクなシンセサイザーから始まり、重々しいギターのフレーズ、それにゲロを吐いているような(食事中の方、ごめんなさい)ドロドロのサックス。何を「考えて」いるんだろうなぁ(笑)。

 以前ネットで試聴して気になっていたタイトルナンバー「飛鳥山の夜はふけて」はやはりおもしろかった。チープなシンセ音でアジアンテイストあふれる、しかも微妙にホンキートンクなメロディー。アバンギャルドな展開を見せた後、また最初のアジアンテイストに戻り、おお盛り上がりの大団円に突入。飛鳥山ってこうゆうところなの?(笑)

 歌では、環七や荒川で裸で暴走し、妄想が翼を広げる「自由を広げて」や、これは夫婦喧嘩なのかな? 穏やかな曲調が絶妙な笑を誘う「ああ あの人は壁に穴を開ける」。

 「ボロの衣装を身にまとい」はかっこいいなぁ。ボロを着て路上販売、だけど自由な心が空を飛びまわる、ってことなのかな、中間の転調が絶妙。「ヒトデ型UFO」は、ヒトデ型のUFO(ユー・エフ・オーと読むらしい)に悪夢のように追われていたり、自分が乗って空から見下ろしていたり、乗っている何者かがこちらを把握していたり、歌詞の視点移動が不思議。曲調の変化も劇的な力作。

 そして、やっぱり「宇宙意識の気まぐれ」は圧巻。吉田拓郎さんのような歌詞の載せ方、だけど、フォークとは真逆・「生活感まったくなし!」の奇妙な歌詞世界。肉体が退化し、精神世界に生きる新人類が、既に滅びてしまった旧人類(現代の我々人類)を懐古する。「まだ250才くらいの子供」とか言っているから、彼らはどれくらいの寿命があるんだろう。そんな新人類が、「ほんの数十年しか生きられない」、我々をノスタルジックに見つめる。微妙なコード進行との相乗効果で、何とも言えない切ない気分にさせられる。

 興味のある方、こちらからM.KAMINOさんのサイトへ飛べます。


関連記事:
M.KAMINOさん『通りの行進』
M.KAMINOさんのCD
M.KAMINOさんのエスプリ
posted by Honeywar at 01:00| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | インディーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
丁寧な感想をありがとうございます!
とてもうれしく興味深く読ませていただきました。
アルバムに対する感じ方は人それぞれですが、楽曲の想像を刺激するHoneywarさんのコメントに逆に刺激されましたデス。
「飛鳥山の夜はふけて」のオープニングのフレーズはエンディングでも一応繰り返されていますが、実はこの2つのフレーズが微妙に違っていることに気が付きましたか?
すごく微妙ですが・・
Posted by M.KAMINO at 2004年05月04日 19:39
こんにちは!
え〜っと、最初に出てくるハネるようなチャイナテイストのメロディーが、最後の大団円では威風堂々と出てきますよね....って、そうゆうようなことでしょうか....
もしかして、何か隠された意味が....?
Posted by Honeywar at 2004年05月06日 00:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。